○私たちの理念

・新型コロナウィルス感染拡大について

新型コロナウィルス感染拡大により2025年の超少子高齢化問題はさらに加速して医業界ならず全ての業界が厳しくなっているのが現状です。
それでも、近未来における超少子高齢化社会に向けて、2025年社会保障と税の一体化政策の基本は「重度な要介護状態となっても住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるよう、医療・介護・予防・住まい・生活支援が包括的に確保される体制(地域包括ケアシステム)の構築を実現」は同時に考えていかなければなりません。
現在の医療・福祉を取り巻く環境は、社会保障の財源不足や医療・福祉サービスを担う人財(材)の不足など、新型コロナウィルス感染拡大にてさらに、医業従事者は疲弊し、医業機関は経営さえも悪化しております。
これに伴い、医療や介護に関わる国の政策が目まぐるしく変化し、その結果、病院、診療所、調剤薬局、社会福祉法人のみならず民間介護サービス事業者においても、経営状態の安定が非常に難しくなっております。このような状況下で、さらに医業経営と福祉事業経営は「より高い質の向上」,「効率化や合理化」,「サービスやアメニティの充実」「デジタル化の推進」などが求められるようになっています。

当社では、医療機関が安定した経営が出来る事を手助けしながら、患者様が症状に合った適切な医療が受けられるように国民皆保険制度の存続や、感染拡大防止の啓蒙活動も行い、社会に貢献したいと存じ上げます。

 

・トラスト(trust)=信頼のかたち

当社は「医業・経営総合コンサルティング企業」として、医療・介護・福祉・薬局・企業の総合コンサルティングに係る経営体等からの依頼を受けて、現状分析・実施支援・顧問活動等の業務を行う事を基本といたしておりますが、収束しかかった新型コロナウィルス感染症は、突如変異し、ますます世界を脅威の渦に巻き込んでおります。
企業様、個人事業主様の医療関係の相談や医業以外の経営の事までも率先的にお受け致します。
新型コロナウィルス感染対策にも、社会保障についても、我々国民が一致団結して`’明るい未来を創造しよう!!`’をテーマに皆さまと共に頑張る所存でございます。